HOME 医院紹介 診療案内 施設案内 婦人科の診療 アクセス e-mail 診察の予約

   婦人科の診察はこのように行われます。

      女性特有の症状を感じたときは気軽に産婦人科を受診したいものですが、実際には
   受診しにくいと感じている人が多いようです。しかし、年齢とともに変化する女性の身体
   を専門的に診察するのは婦人科が最も適しています。ですから、医師との相性が良くて、
   信頼でき、長く付き合える婦人科を是非見つけてください。日ごろから定期検診などを
   受診し、ちょっとした身体の変化など気軽に相談してください。



   (1)どんな症状がいつからあるのか?
   (2)妊娠・分娩経験の有無
   (3)月経(生理)の状態(最終月経開始日、期間、量など)
   (4)今までにかかった病気
   (5)現在服用している薬
   (6)アレルギーの有無
   (7)子宮がん検診の有無・・・など問診致します。



   経腹超音波検査

 : 

お腹の上から超音波検査を行い、子宮、卵巣の状態を観察します。子宮、卵巣以外にも腎臓や膀胱の状態、乳腺の状態など多くの臓器が観察可能です。また、妊娠中の胎児の発育状態や、血流機能の検査、胎盤や羊水の状態を観察するのにも用いられます。


   内             診

 : 

必要があれば、内診台の上で婦人科的診察を行います。内診することによって子宮、卵巣の状態をより詳しく診察することができます。

(未婚のかたや内診を希望されない方は遠慮なく申し出てください。それ以外の方法でできるだけの検査を行います。)


   経腟超音波検査

 : 

内診時に腟側から超音波検査を行うことができます。子宮や卵巣を近くから詳しく観察できるので、排卵間近の卵胞を観察したり、妊娠初期の診断に用いることができます。子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの診断にも有効です。


   おりものの検査

 : 

内診時に採取したおりものを用いて、腟炎やクラミジアなどの感染症の検査をすることができます。また、自覚症状の無い各種の性感染症の検査も簡単に行うことができます。


   子宮がん検診

 : 

内診時に採取した子宮頸部や子宮内膜の細胞診検査を行うことにより、子宮がん検診を行います。


   コルポスコピー
               検査

 : 

子宮の入口部分である頸部を拡大して観察する検査です。子宮頸がんのより精密な検診を行うことができます。


   子宮ファイバー
      スコープ検査

 : 

子宮の中に細いファイバースコープを挿入し、子宮内の病変(子宮体がん、子宮内膜ポリープなど)を検査できます。


   血  液   検  査

 : 

更年期や閉経にともなう卵巣機能の変化を客観的に診断するためには卵巣から分泌される女性ホルモンの量や下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンの量を測定することが重要です。また、過多月経にともなう貧血や、更年期にともなうコレステロールや中性脂肪の変化などを検査できます。その他、肝機能、血糖値、各種感染症の検査など色々な検査ができます。


   レントゲン検査

 : 

胸部レントゲン、腹部レントゲン、腰椎レントゲン検査などができます。


   骨 量 の 検 査

 : 

手のレントゲンをとることにより更年期以降に減っていく骨量のチェックを簡便に行うことができます。



診察科目/婦人科・内科
Tel.Tel.084-922-5888
    〒720-0825  広島県福山市沖野上町5-6-23
    Tel.084-922-5888  Fax.084-929-1213
    URL https://shigemasa-clinic.fmed.jp/